細かいところまで監視する

小さい頃から水泳を習っていたり、今現在も水泳に携わっている人に人気のアルバイトといえば、プールの監視員です。
プールの監視員の募集がかかるのは夏前になりますが、今回は来年の夏に向けてプールの監視員のお仕事を紹介します。
プールには市民プールやレジャープールやジムのプールなど、いろいろありますが、常にプールサイドに座った監視員がいますよね。
「あれなら、自分にも出来そうだな」と思われる人も多いでしょう。
しかし、監視員のバイトは業務が幅広いところもあり、意外と大変なこともあります。
では、プール監視員バイトの大変なことをご紹介しましょう。
まず、プールは場所によって規模が様々ですが、中にはかなり広いプールもあります。
屋外などにプールがある場合には、かなり広い範囲の監視を任されることになりますから、責任重大と言えるでしょう。
そして、プールには様々なお客さんが来ます。
中には、走り回ったりする人もいるため、禁止行為などを行った場合には注意することが必要となります。
また、プールでは日焼け止め禁止となっているところが多いため、日焼けが気になる人にとっては不向きのアルバイトと言えます。
従業員も、当然日焼け止めを付けることが出来ませんから、アルバイト中は日に焼けることを覚悟しなければ、この仕事は続けることが出来ないでしょう。
このように、プールの監視員バイトは意外と大変なこともたくさんあります。
一見、監視をするだけの簡単なアルバイトに見えますが、実際にはお客さん相手の仕事となるため、臨機応変な対応が求められます。
そして何より事故や事件を未然に防ぐという意味で監視をするわけですから、ボーッとしている訳には行きません。
溺れている人を助けたり、落ちているゴーグルは他の人が踏んで怪我をしてしまわないように、すぐに拾いに行く必要があるのです。
プールの監視員は細かいところまで目を光らせている必要があるのです。
そういえば、そんなプールの監視員の仕事をまとめたサイトをついこの間発見しました。
是非参考にしてください。
来年の夏に向けて★☆★意外と知らないプール監視員とは★☆★

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です